冷えは万病のもと

本格的な底冷えの寒さになりましたね。
体温とリンパ球の関係データによると、平常時の体温が36℃~37℃以下による場合は交感神経と副交感神経のバランスが取れ、体温免疫力がベストな状態にあります。
身体がやる気が出る体温・長寿の体温とも言われております。
低体温の34℃、35℃の場合は交感神経が優位になり、様々な疾患になりやすく、冷えは万病のもとですので、たかが冷え性と思わず、日頃から体温を上げて免疫力を見方にしましょう。
毎日、帰宅して直ぐにフットバスをするだけでも変化が出るのでオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です