リンパドレナージュの効果

リンパ管の流れの説明

全身のリンパドレナージュ効果作用

 シミ、シワ、くすみを取り除き、小顔をつくり健康的なお顔に導く。

首(デコルテ) ゴミ箱ともいわれているデコルテ部位は、リンパ節が密集している耳裏、鎖骨、脇を流すことで疲労物質が取り除かれて免疫力もアップ、健やかな身体へ。

背中 肩こりや姿勢が悪い体型を良くして、深い呼吸の実感ができ、血行促進効果を実感。

お腹 腸のリンパは体の免疫システムが60%~70%が集中しており重要な部位ともいわれております。便秘解消、腸の免疫アップ、ウエストのくびれに効果的。

 ふくらはぎには、ポンプ作用の役割があり、下に溜まった余分な水分や血流の改善に。その他にも冷え性、浮腫み、セルライトなどの改善の期待ができる。

リンパ管での浮腫みはどうして起こるのか?

身体の細胞は、水分や酸素やホルモンや栄養分などを吸収しております。これらの物質は毛細血管の壁の隙間から滲み出して細胞に届けられてますが、細胞に届いた代謝物や余分な水分などのうち、小さい物質は毛細血管に再吸収され、大きい物質はリンパ管に吸収されております。水分のほとんどがリンパ管に吸収されるのですが、水分の量が毛細血管とリンパ管が吸収されていく水分量が少ないと毛細血管から染み出た水分量が増えてしまい吸収不足となり浮腫みが発生します。

浮腫みを防ぐためにはリンパ管により多くの水分を吸収してもらわなければいけません。

リンパ管を通じて効果的に水分を吸収するには、動脈の流れを促進しないソフトな圧力での正しい順序に沿った施術を行うリンパドレナージュが効果的です。

集合リンパ管へのアプローチ(リンパ節)が重要なポイントとなっております。

正しい順序に沿ったリンパドレナージュとは、分水嶺(流れが変わる境界線)上半身、下半身にあるリンパ節に向かって決まった流れに沿って走行するトリートメントです。決まった流れでは無い場合は、施術しても効果はございません。

リンパを流して改善されれば、細菌、ウィルス、アレルギーから身体を守って、免疫力や代謝もアップし、健康的で病気にかかりにくい体質へと変化していき、体内に余分な水分(浮腫み)が排除されて、冷えにくい体質、基礎体温も上がっていきます。病気になりやすい身体とは、低体温の方といわれております。

出張マッサージのAromaVIPでは、お身体でのお悩みや改善して行きたいご相談も出張の際にお伺い致しておりますので、お気軽に出張セラピスト迄、お申し付け下さい。

 

むくみの原因は水分

人間の体ではリンパ管が水を吸収し、排水する作業を行います。
そのリンパ管を使っても水が回収しきれずにいると細胞のまわりには、徐々に水分が溜まることで、むくみが発生します。
回収しきれなかった水分の中には老廃物や疲労物質なども含まれているとされ、疲れが取れないとか重たい感じとかになります。
全身の中で最もむくみやすいのは足です。
重力の関係で自然に水分が下に行くので非常にむくみやすい部位です。
顔がいつもむくみやすい方は危険信号。

日頃からリンパを流す習慣をつけることで血流を良くし、体の中からデットクス致しましょう。

リンパのことならAromaVIPにお任せ下さい。

NK細胞

笑うことでNK(ナチュラルキラー)細胞活性化

リンパの仕組みについては、いつもお客様にお訪ね頂き、ご説明させて頂いておりますが、今回はNK細胞について・・

リンパ球には、T細胞、B細胞、NK(ナチュラルキラー)細胞に分かれておりますが、その中でも免疫力の中でも最も優れているNK(ナチュラルキラー)細胞に注目。
NK(ナチュラルキラー)細胞は細菌やウィルスに感染した細胞やがん細胞などに対して攻撃し、驚異的な働きをします。
どうしたらNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化できるのか?
ストレスを溜め込まず、日頃から笑うことで活性化されたり、乳酸菌、ビフィズス菌ヨーグルトを毎日摂取することでも有名なお話です。

デコルテについて

お客様からのご質問で良く「デコルテ」は何ですか?とお伺い致します。
「デコルテ」とはフランス語で襟ぐりが深いという意味ですが、今では首から鎖骨そして胸元までの事をデコルテと呼ばれております。
「デコルテ」はリンパ節やリンパ管が密集しており、この部分の流れが悪いと肩コリや頭痛、肌荒れ等の原因にもなりますので「デコルテ」はリンパマッサージでは欠かせないパーツ部位となっております。
AromaVIPでは120分コースから「デコルテ」の施術を行っておりますのでお時間がある方は120分コース以上の施術をオススメ致しております。

冷えは万病のもと

本格的な底冷えの寒さになりましたね。
体温とリンパ球の関係データによると、平常時の体温が36℃~37℃以下による場合は交感神経と副交感神経のバランスが取れ、体温免疫力がベストな状態にあります。
身体がやる気が出る体温・長寿の体温とも言われております。
低体温の34℃、35℃の場合は交感神経が優位になり、様々な疾患になりやすく、冷えは万病のもとですので、たかが冷え性と思わず、日頃から体温を上げて免疫力を見方にしましょう。
毎日、帰宅して直ぐにフットバスをするだけでも変化が出るのでオススメです。

リンパについて

お客様からのご質問では、リンパの仕組みについて良くお伺い致します。
今日はリンパについて詳しく解説してみました。

リンパ球
リンパ球は、血流とリンパ液に乗って全身を流れ、いつも悪いウイルスがいないか?
いつも体内をパトロールしております。
必要な時には免疫反応に関与し、役割を果たします。

リンパ液
血液は1分で5リットル体内を循環するのに対してリンパ液は1日に約3リットル体内を循環しており、血液とは違い、リンパ液はゆっくり流れております。

リンパ管
リンパ管は静脈に沿ってあることが多く、構造も静脈に良く似ております。

リンパ節
リンパ節はリンパ管のところどころにあり、大きさは小豆くらいの大きさでフィルターの様な役割をしております。
耳下、鎖骨、腋下、鼠径部、膝下がリンパ節でリンパ液を濾過して、きれいになったリンパ液を血管に返したりします。

リンパドレナージュの施術は、リンパの仕組みに合った手技でゆっくりとリンパを流すことで血流や免疫機能にアプローチし、身体の中から改善していきます。