マッサージオイルの吸収ルート

キャリアオイルにアロマテラピー(精油)を混ぜてからオイルマッサージをするのですが、身体への作用がどのようにして吸収されていくのかをいろいろなルートがございますので、説明させて頂きたいと思います。

鼻からのルート作用

精油の成分は、香りを嗅ぐだけで、嗅細胞から、脳の大脳辺縁系へ届いて、その後に視床下部に伝わります。視床下部とは間脳の一部で視床の下に位置しており、恒常性と深くかかわっているのですが、自律神経の中枢としても大事な部分でホルモンに大きな影響を与えておりますので、香りを嗅ぐだけで知らず知らずにリラックスしたり、リフレッシュしたりと心身バランスにとても良い作用をもたらせてくれます。

肺からのルート作用

鼻から肺へと精油の成分がいく経路では、肺胞の膜を透過し、血液に入っていきます。精油成分を吸入しても、吐く息でほとんどが出ていくため、効果としては経皮吸収(皮膚からの吸収)の10/1ほどしかございません。精油の種類では、呼吸器に良いものもあり、咳を鎮めたりする作用などに使用されたりもいたします。

皮膚からのルート作用

マッサージオイルを皮膚に塗布すると、身体の皮脂とよく混ざり、浸透して吸収されて、血液やリンパ管へと入っていきます。精油は小さな分子構造をしておりますので血液の中まで届いていきます。届いた精油成分は体内をめぐって血流に乗っていろいろな組織に効果作用を与え、最終的には肝臓で分解されて、腎臓で濾過され、尿や汗や呼気に排泄される仕組みとなっております。

精油成分ルートで様々な身体への効果や影響がありますので、皆様もたくさんある精油でアロママッサージを受けられてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です