リフレクソロジー・足裏マッサージについて

リフレクソロジー(反射療法)(足裏マッサージ)

リフレクソロジーの目的は足の血行を促進し、体内に蓄積された老廃物や疲労物質を排泄したり、重力で下に行った血流の流れを改善、浮腫みやすい悪循環にも効果的なマッサージです。その他に足裏には内蔵器官のツボや身体の器官のツボが密集しており、刺激を与えることで自律神経が活性化されて、自分の力で病気を治そうとする能力が出てきます。そしてリフレクソロジーを行うことにより自然治癒力が高まります。血流が悪く様々なトラブル(肩こり、腰痛、冷え性)を抱えておられる方にも凄くお勧めです。

リフレクソロジーの始まり(歴史)はいろいろとあり、紀元前2230年くらいにエジプトのカッサラで発掘された医師のお墓の壁画から足のマッサージを受けている4人の様子が掘られていたことから、この時代からリフレクソロジーがすでに行われていたという説とインドや中国では約5000年前に漢方医の王偉という人が患者に体に針を打った後に足裏を親指で強く押して治療を施したという記録が残されているのも出て来ていることから、かなり古くから足のマッサージ効果は発見されていたようです。現在のリフレクソロジーにおいての第一人者は19世紀初めにアメリカ人である医師のウィリアム・フィッツジェラルド博士の足のゾーンセラピーというのが開発され、それをもとに研究技術をベースに足の反射ゾーンに注目が移り、更に考案されたのがアメリカのユーナイス・イングハム女史です。現在のリフレクソロジー(足の反射療法)となっております。

リフレクソロジーは世界的に通用する施術で、反射区の効果は画像に掲載しております。

足裏は第二の心臓とも言われておりますが、血液の流れは心臓のポンプ機能によって心臓から足の先まで流れており、今度は重力に逆らって、血液は足の先から心臓に返っていく仕組みとなっております。この時に必要なのは足の筋肉の伸縮が血液を促すポンプの役目となりますが、足裏には様々な臓器や器官の反射区があり、そこを刺激することで活性化されるので、第二の心臓といわれているそうです。足裏(足つぼマッサージ)=リフレクソロジーともいわれており、知っている方は多いかと思います。リフレクソロジーの名前の語源はリフレックス(reflex)(学問を指すロジー)(logy)と組合わさった言葉で反射の学問という意味です。

リフレクソロジーは東洋式と西洋式があり、東洋式は(良薬口に苦し)という言葉があるよう、痛みに耐えて効果があるという考え方ですが、西洋式は(痛みはストレス)という考え方から、なでるように優しい刺激で行います。反射区の位置も東洋医学のつぼと西洋医学のつぼは若干異なりますが反射区によってのエネルギーラインは違ったものの反射区の刺激によって不調の緩和予防に効果的だという考え方は同じです。施術中もセラピストにお訪ね頂ければ、どの部分がどの器官など、詳しくご説明させて頂きますのでお気軽にお申し付け下さい。リフレクソロジー(足裏マッサージ)のみの施術は行っておりませんので、御希望のお客様は必ずボディのリンパドレナージュのオイルマッサージコースとの組み合わせにて行っております。無料オプションサービスで施術させて頂いておりますのでお気軽に出張セラピストにお伝え下さい。

日頃から血流の循環を良くし、余分な水分や疲労物質を排除、反射区を活性化することによって、様々な病気の予防にも繋がり、健康維持へと導きます。足裏は痛いところが現在最も弱っている場所ですので、普段では全く気が付かない身体の悪い部分が発見出来たりも致しますので、是非施術されてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です