ストレスでの悪影響

ストレスを取り除くためには知っておきたい (ストレス度チェック) ①怒りっぽい②眠れない③胃腸の調子が良くない④心配性である⑤楽しいと感じ無い⑥感動しない⑦便秘と下痢を良くする⑧呼吸が浅く良く緊張する⑨首や背中が良くコリやすい⑩疲れやすい

ストレス度チェックがたくさんある方は要注意です。気持ちの急激差や心への余裕が無い場合は自律神経を乱し、体へのバランスも崩れがちになります。ストレスが過度に加わった状態が長期間続くことで、心身に悪影響を及ぼし始めます。人間の体がストレスを感じると先ずは自律神経が刺激されますが、自律神経には交感神経と副交感神経とあり、ストレスが過度に加わった時に交感神経がずっと刺激されて、緊張状態になります。交感神経が全面的な状態ですと、呼吸、心拍数、体温や汗の量、脳への血流に悪影響が及び、人体に良く無い状態が続きます。副交感神経の場合には、リラックス時に作用する神経で、主に消化機能などに良い作用がございます。健康的な方は、交感神経と副交感神経が上手に切り替えれることが出来ます。常に交感神経が多い方は体が緊張状態になり、動悸、息切れ、めまい、イライラ、不安など、ストレスを溜め込まないように緊張状態から開放へとリラックスして行くことが大事です。

ストレスによって心身に悪影響を及ぼさないためには、自分のストレスの自覚をし、無理をせず、リラックス法を見つけることです。

AromaVIPでは、全身でリラックス出来るリンパマッサージとマッサージの際にお選び頂いているアロマでは自律神経の乱れに良い作用の精油を豊富に取り揃えております。お客様の症状に合わせての施術プログラムを致しますので、お気軽にお申し付け下さい。マッサージの効果が現れると、頭はスッキリ、心は軽くなり、前向きな気持ちになれますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です