活動代謝のアップこそがダイエット

皆様もご存じの様に、基礎代謝のアップは生命活動する際に必要ですが、人間の体は1日のエネルギー消費量のうち、基礎代謝は約60%を占めており、男性の場合1500kgカロリー、女性の場合1200Kgカロリーが基礎代謝で消費されるといわれております。基礎代謝は年齢とともに減少していき、代謝が悪くなっていくといわれております。年を重ねるにつれて太りやすい体質へとなっていき、基礎代謝をアップするために様々な方法がございますが、ここでオススメなのは筋肉トレーニング(白筋)よりもリンパストレッチでインナーマッスル(赤筋)を動かして脂肪を燃焼させ、活動代謝をアップさせる方がダイエットになります。人間の体の基礎代謝の割合は脳19.9%、内臓58.5%、筋肉21.6%となっており、筋肉が占める割合はたったの21.6%しかないので効率良く代謝をアップさせるには活動代謝のアップこそが近道です。

筋肉は白筋、赤筋で構成されておりますが、白筋は瞬発力に発揮する筋肉で赤筋は持久力の時に発揮される筋肉です。マラソンランナーが痩せているタイプが多いのは赤筋が多いためです。

活動代謝とは、運動や肉体労働など、体を動かすことで使うエネルギーですが基礎代謝と異なり、人が意識して体を動かす際に消費するエネルギーのことでリンパストレッチで深層リンパに効果的なインナーマッスルはリンパの流れも良くなり、老廃物もデトックス。インナーマッスルはいたって簡単で日常生活の合間にわずか数分で出来ますので生活の一部に取り入れてみられて下さい。

①腹部の呼吸法を使い、息を吐き出す時におへそ下に力を入れてゆっくり呼吸し腹部を意識しながらやるストレッチです。

②ポーズは体操で行う屈伸のやり方ですが、屈伸は両足で行いますがリンパストレッチの場合は屈伸の片方の足を後ろに出し、後ろに出した足の膝から床に付けた状態でもう片方の足は直角になるようにし、上半身は床に付けるような感じで足に力入れるストレッチです。

③背もたれの椅子を使います。椅子に座り、前に上半身を全面倒し、背中に力を入れるストレッチと逆向きの背もたれに寄っ掛かってするストレッチは腹部や胸部側に力を入れる様な気持ちでストレッチを行います。

他にもいろいろなやり方のリンパに効果的なインナーマッスルがございますのでネットで検索されてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です