あなたの冷えはどのタイプ?!

毎日、朝晩は本格的に冷え込んで来ておりますね。日中のお天気はとても良く過ごしやすいのですが、薄着や毛布無しでの就寝など、油断は禁物です。皆様、風邪引かないように気を付けましょう。気温差のこの季節が危ないです。本日はあなたの冷えはどのタイプ?!冷えとはどのようなタイプの症状なのか詳しくご説明掲載させて頂きたいと思います。

手足だけ冷える末端冷え性 一般的に冷え性とは、身体は通常の体温ですが、手足だけキンキンに冷たく、温まったかと思っても寒いところに行くと直ぐにまた冷える症状のことで、原因は体温の調節を取っている自律神経が察知し、交感神経が優位になり体温を中心部に温めようとし、末端までには血流が行かず冷えるとされています。その他に筋肉の量でも冷える原因がございます。筋肉は心臓に血液を送るポンプ作用の役目がございます。筋肉が多いと血液の流れも良く、体温も高くなります。男性よりも女性が冷え性が多いのも筋肉の量が少ないからとされているからだといわれております。

内臓型冷え性 良くお客様の中でも、施術中に腹部のアロママッサージを致しますと、腹部が冷たい方がおられます。内臓型冷え性タイプです。全身の血流が悪く、このタイプの方は肩コリや腰痛をお持ちの場合が多く、胃腸系の働きも悪いケースもあるので非常に危険な冷え性タイプです。

更年期冷え性 女性特有の症状ですが、更年期障害になられると体が熱い方と冷える方とタイプがあり様々ですが、更年期障害とはエストロゲンの減少によって、女性ホルモンのバランスが乱れて、自律神経のバランスが上手く調整出来ずに血行が悪くなったり、むくみやすい体質になったりいたします。その他では、持病疾患の糖尿病の方も冷える症状がございます。

これからの季節は身体を温めて、冷える体質を改善し未病で元気に乗り越えましょう!冷えを感じたら直ぐに温める習慣をつける事で冷えを退治し、血液の流れが良くなり病気を寄せつけません。特にこの季節ならではの感染症のインフルエンザなどは体温を上げて免疫力を上げることでかかりにくいとされております。

①外出から帰宅したら、こまめに手足を温める。②アロママッサージでリラックスして自律神経の乱れを整えて血流を促す。③有酸素運動をし、筋肉の量を増やす。④タンパク質の多い食材の摂取。⑤温かい飲み物・食べ物に変更する。⑥少しぬるめのバスタイムをゆっくり時間をかけて入る。⑦足のストレッチ・スクワット体操をする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です