睡眠の役割

眠りと疲れの関係 睡眠が5時間を切る日が連続すると、お酒を2~3杯飲んだ時と同じくらい脳の機能が低下するといわれており、睡眠不足はホルモンや自立神経のバランスが乱れたり、免疫力が低下したりして、風邪を引きやすかったり、肌のバリア機能の崩れ等々、身体的な不調にも繋がります。

睡眠確保していると 睡眠中には、様々なホルモン分泌が行われており、その中でも成長ホルモンは睡眠時に最も多く分泌されます。細胞の成長や修復、新陳代謝の促進、お肌はピカピカ、艶や潤いが出たり、その他には、自立神経が整うことで、脳や身体や心がリラックスできます。

サーカディアンリズム 人間は朝になると目が覚めて活動的になり、夜になると眠くなるようになっており、このことをサーカディアンリズムの働きによるものです。サーカディアンリズムの乱れが出ると、眠りの質に大影響が出てしまい、ホメオスタシスの働きも悪くなります。また、身体を休ませるレム睡眠と脳を休ませるノンレム睡眠と交互に朝まで繰り返されて、身体と脳が休まっています。

睡眠中に関わるホルモン メラトニンとセロトニンというホルモンがあり、メラトニンは自然な眠りを誘発する働きがあり、睡眠ホルモンと呼ばれております。メラトニンは夜になると分泌量が増えますがセロトニンは太陽光を浴びている日中に作られます。メラトニンはセロトニンを原料としているので、日中にしっかりセロトニンを作っておくことが大切です。

お肌のゴールデンタイム 入眠してからの3時間がお肌に最も良いといわれております。それは、成長ホルモンが最も分泌され、美肌効果が得られるのですが、質の高い睡眠、深い眠りかでも大きく変わります。

メラトニンは加齢と共に減少するといわれており、分泌量が減ることが明らかになっています。高齢になると朝早くに目覚めたり、睡眠時間が減っていくのはメラトニン減少のためといわれております。

質の良い深い睡眠を得られると 脳の活性化、免疫力アップで風邪ひかない、代謝アップ、気分はポジティブ、お肌キレイ、健康的

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です