肌老化の原因【糖化】と【酸化】

年齢ごとにある程度のシミやシワ、たるみは現れますが、同じ年齢でも人によって現れ方には個人差があり、その人の体質や生活環境で大きく変わって現れますが、そこには糖化と酸化が関係しております。

糖化とは体が焦げる状態のことで、体内で不要な糖質とタンパク質が結びついてAGEs(糖化最終生成物)という物質を生成してしまう作用のことです。このAGEsがお肌に蓄積されると、くすみやシワ、たるみの原因となりますので、普段から甘いパンや糖質の多い食品ばかりを食べられる方は糖化体質になるので要注意です。食べ始めは血糖値を上げずに野菜から食すなどを意識して考えながら食事する必要が大切です。

酸化とは体がさびる状態のことですが、さびる原因は多量に発生した活性酸素です。詳しく説明致しますと、紫外線、外的ストレスや心身のストレス、不規則な生活等々、いろいろなことによって体内で活性酸素が多量につくられるこで、体内の細胞を酸化させ、シミ、シワ、白髪、血管・血流のダメージ、免疫力低下などの老化や病気で例えると動脈硬化やガンなどの原因にもなります。ただし人間の体には、活性酸素の発生を抑制したり、分解処理をしたりする防御システム(抗酸化作用)も備わっています。

体の内側から変えてお肌を守るには、抗酸化作用の多い食品を積極的に摂取し、ストレスをためこまず、規則正しい生活・食事と適度な運動を心がけることで体の内側から綺麗なお肌に導いてくれます。お肌には、ターンオーバーといって周期リズムがございます。改善されれば顔色が良くなったり、お肌に艶や潤いがでてきたりしますので、糖化・酸化させない体づくりを意識してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です