乳酸菌の特徴や効果

自分に合う乳酸菌を見つけましょう

免疫力を高める

1073R-1 通称R-1。ウィルスなどに感染した細胞を攻撃するNK細胞に働きかけ、活性化する作用があり、体の抵抗力を高め、風邪予防効果、インフルエンザの抑制が認められている有名な乳酸菌。

乳酸菌シロタ株 ヤクルトの創始者で医学博士の代田稔さんが発見者。腸内の有用菌を増やし、有害菌を減らす効果や腸内フローラのバランスを整えて便通を改善。免疫力も調整する作用も認められている。

プラズマ乳酸菌 キリン 小岩井乳業 協和発酵バイオ が共同開発した乳酸菌です。免疫細胞がある小腸で吸収され、免疫細胞の司令塔であるpDCに直接働きかけ、免疫全体を活性化し、細菌やウィルス感染の防御に働く。

肌荒れ予防や改善

ラブレ菌 すぐき(京都の漬物)から見つかった植物由来の乳酸菌で免疫力強化や便通改善、過敏性腸症候群などの改善。その他にはニキビの改善や更年期障害での冷えや肩こりなどにも効果がある。

乳酸菌K-1 米由来の乳酸菌で特に便秘気味の人に効果が高く、人の排便回数や量が倍近くになるくらい便通改善報告があることや乾燥肌の人が冬場に1ヶ月摂取し、皮膚のバリア機能が改善されたというデーターもある。

便通改善

ビフィズス菌Bifix(GCL2505株) 江崎グリコが健康な人の腸から発見した菌株で普通のビフィズス菌や乳酸菌よりも腸内での増殖スピードが速いのが特徴で摂取数の10倍以上、お腹で増える。

ビフィズス菌BE80 胃酸に強く、生きたまま腸に届いて作用する、高生存ビフィズス菌として開発され、大腸まで届くと代謝を行い、有用物質を腸の中に維持して腸の健康状態を保ちながら、毎日、お腹の健康をサポートしてくれる。

ビフィズス菌BB-12 デンマークで発見され、世界中で活躍しているビフィズス菌で、乳幼児から大人まで幅広く活用。腸管に付着しやすい整腸作用があり、便通を改善したり、病原菌や老廃物を取り込む免疫細胞を活性化し、免疫力の向上をサポートしてくれる。

ストレス緩和

B.ビフィダム Y株 胃に炎症がある人や胃が弱い人に改善された効果が認められていたり、酸素に弱いビフィズス菌を強化培養したビフィズス菌B.ビフィダムY株。

プレミアガゼリ菌CP2305 カルピス由来の乳酸菌研究から選び抜かれた乳酸菌。腸の内側から神経に刺激を与え、自律神経を介して、脳に働きかけて、ストレスの緩和するとともに腸の働きを正常にする効果。

アンチエイジング

LKM512株 ビフィズス菌の中でも高い生存率があり、大腸に到達すると増殖し、動脈硬化の抑制効果が期待される善玉物質のポリアミンが増える。成人型アトピー性皮膚炎の軽減効果や世界初のマウス実験で寿命伸長効果が証明されている。

ピロリ菌を抑制

LG21乳酸菌 胃粘膜にくっつき、強い胃酸の中でも生存。胃ガンの原因ともいわれるピロリ菌の活動の抑制し、胃の炎症改善が認められている乳酸菌。

血糖値の上昇抑制

クリモリス菌FC株 長寿の国、東欧、コーカサス地方から医学博士の家森幸男さんが持ち帰ってきた乳酸菌で発酵の時に作られる粘り物質EPSは人の消化酵素で分解されにくいため、糖の吸収を抑制し、血糖値の上昇を緩やかにする作用がある。

他にもまだまだたくさんある乳酸菌・ビフィズス菌、掲載しきれませんが日々の発見と開発によってどんどん進化しているみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です