体内リンパの力

リンパの流れが良いと体が元気になる

リンパは体を病原菌などの外敵から守る免疫システムがあり、怪我や傷など、体のどこかに外敵からの侵入が来ると、異常を感知し、その場所に集まります。例えやすいケースでいえば風邪をひいてリンパ腺が腫れるのは、リンパ球が(細胞、全身に約800球位)がリンパ節に集まり、外敵のウィルスなどと戦ってやっつけようとしている状態です。風邪で例えましたが、内臓でも同じ様に集まってきます。

病気ではないけど、疲れや浮腫みが取れない、コリがひどい、いつもだる重いとき、リンパの流れや滞りが非常に悪い状態です。リンパは筋肉がポンプの役割をしており、筋肉が動くことで全身に流れていくので、筋肉にコリがあると筋肉自体が硬く、弾力性が無い、ポンプの働きが弱い、リンパの流れも悪化、血行不良、疲れが溜まりやすいという結論となっていきます。慢性疲労でダメージを受けるのは内臓の疲れですが、リンパの流れが内臓や細胞に行き届かず、疲れのもととなる老廃物が溜まりやすいようにもなります。

リンパの流れが良くなると体の中の悪いものが出て行きます。汗、尿、便の排泄物がどんどん出て体の悪い毒素が出ていき内側から良くなっていきます。このように体内から変わると疲れにくい、代謝が良い、免疫力アップ、病気しにくい体質へとなっていきます。

血液が細い血管から太い血管、そして動脈へ流れるようにリンパも細いリンパから太いリンパへと吸収されていきます。そしてリンパ管には静脈と同じように内側に弁があり、リンパの逆流を防いでいて一方向に流れております。浅いリンパ管は静脈に沿って、深い層にあるリンパ管は動脈・静脈に伴う太いリンパ菅に沿って走っております。これらのリンパ管はフィルターみたいな役割をするリンパ節へと流れこみ、リンパに含まれている老廃物や余分な水分を除去しております。

リンパは血液のように心臓の動きから流れてくるのとは違い、リンパにはポンプの役割を果たすものが無く、リンパ管を取り囲む筋肉が収縮することでリンパ液が流れていく仕組みとなっております。筋肉がこって硬い場合や運動不足で筋肉不足ではリンパの流れも悪く、体内で老廃物を滞留させてしまうということです。

リンパは静脈の直ぐ横を流れています。リンパマッサージでリンパに沿って圧をかけながら刺激をすることで血行も良くなり全身の疲労物質も改善され、体の内側から健康的になれるマッサージです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です