血管と血流について

血液を運ぶ血管が丈夫であれば、外気温の変化にも合わせて、血管の収縮や拡張が循環良くスムーズに行われ、適切な体温を保ち冷えを免れますが、血管や血流が悪いと手足の先の末端までは温まった血液が行き渡りません。血流が悪化すると細胞にまでも十分な栄養が行き渡らず、肌トラブルでも顔色が悪かったり、くすんだり、目の下に青クマが出来たりもいたします。常に血流が悪く冷えでお悩みの方は内臓機能低下、病気になりやすい体質にもなりますので注意が必要です。

血管と血流のお話と詳しくなると毛細血管がございますが、人間の体は全身に血管が張り巡らされており、動脈血、静脈の太い血管や枝分かれした毛細血管があります。血管のおよそ90%は太い血管から枝分かれしているのが毛細血管となっております。この毛細血管は、髪の毛の10/1の太さしかない非情に細くて繊細です。若い頃は元気に流れておりますが、年齢が上がるにつれて血流の活動も衰え、活動のピーク時に比べると30%~40%も減少するといわれております。更に食生活の乱れや運動不足分での筋力低下で血流が滞ったり、活性酸素の影響でも毛細血管は消滅していきます。

毛細血管をアップするには、滞った血流を改善し、活性化させる体作りが大切です。寒いこの季節には、体を温める飲み物で体温を上昇し、お仕事のデスクワークではストレスや疲れを感じる時に気持ちを落ち着かせる香りを嗅ぐことでリラックス、凝ったら直ぐに筋肉をほぐすストレッチやながら運動をする。特にふくらはぎのマッサージは効果的です。足のむくみも取れて全身の血流もアップいたしますし、他にもアロマテラピーの使用では、血管が拡張する作用、体温調節、血流促進、体温上昇などなどといろいろな効果作用のアロマテラピーがございますので詳しくはAromaVIPセラピストまでお訪ね下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です