花粉症の季節到来

スギやヒノキ、イネ、ブタクサ等々、花粉症のアレルゲンとなる植物はたくさん存在致しますが、日本人に圧倒的に多いのはスギが原因の花粉症だそうです。症状は、良く見られる、くしゃみ、鼻水、目のかゆみなどが代表的で、症状が酷い方だと、花粉症の症状が原因で夜は眠れなかったり、集中力がなかったり、だるさが出たり、熱っぽいなどと、日常生活や仕事にも大変支障が出ます。症状を発症する前にアレルゲンとなる花粉が飛散する以前に対策をしなくてはいけません。

症状を緩和させるアロマやハーブでセルフケアを習慣付けることで、鼻づまりの解消やストレス解消、リラックスモード。

花粉症の症状を引き起こしているのは、ヒスタミンなどの生理活性物質。薬による治療薬では、抗アレルギー剤が使われます。植物にも含まれているヒスタミンは、生のネトルの葉、その葉には、とげがあり、触ると痛がゆくなります。これは、とげにアレルギー症状の原因物質であるヒスタミンが含まれているので花粉症の症状の緩和に効果的といわれております。使用方法はハーブティーとして飲まれることですが、飲んでもアレルギー症状は出ません。

鼻づまりを和らげたいときには、清涼感があるペパーミントやユーカリ、ティートリー精油が効果的です。他にもペパーミントティーを飲むのも鼻づまりの症状を解消できますよ。

アレルギー性鼻炎や結膜炎などが起きている場合には、鼻腔や目の粘膜の血管が拡張していることがあります。粘膜の血管が拡がっているときは、水分がしみ出て、鼻水が出たり、逆に、粘膜がむくんで鼻づまりになったりするので、粘膜に効果的なハーブがネトルといわれております。英国ではコーディアルといって伝統的な天然ハーブ飲料を良く飲まれる方が多いです。花粉が飛散する前からハーブティーやコーディアルを飲むことで、のどや鼻の不快感を和らげてくれます。他にもマスクにアロマスプレーの噴射で乾燥やウィルスから防止してくれますので是非ともお試し下さい。

アロマスプレーの作り方は、AromaVIPホームページ内のセルフケアに掲載させて頂いております。

今からの季節は、花粉症をお持ちの方は本当に辛い毎日と思いますが、できるだけの対処法をし、鼻水や目の痒みなどの緩和、解消ができましたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です