春からのデットクス効果

寒い冬から温かくなる春からは、体の古い老廃物を発散し、新しいリセットにもってこいの季節です。デットクスとは解毒という意味ですが、体に蓄積された有害物質や老廃物など、体に溜まった余分なものを排出へと導く健康法です。寒い冬には、脂肪や栄養素を溜め込みやすく体重も増加傾向にございます。これから温かくなる春は新陳代謝も活発になるため、体の巡りを整えてデットクスには本当に良い季節です。

デットクスに良い体とは、代謝がポイントです。代謝とは、摂り入れた栄養素を体内で合成・分解し、エネルギーに変える働きですが、代謝の悪い方は、巡りが悪く、余分な老廃物を溜め込みやすい傾向となっており、内臓の機能低下や疲労、便秘、冷え症、浮腫み、肩こり、肌荒れと様々な悪影響で体に不調が現れやすくなります。人間の体は汗、呼気、便、尿から排出されるのですが、そこに深く関わっているのが内臓の肝臓、腎臓、大腸です。

肝臓 体の老廃物やアルコールや薬剤、有害物質などを分解して胆汁や尿と共に排泄する機能。更に食事で摂取した糖質・タンパク質・脂肪を分解、合成して体内で利用できる形に変えて貯蔵し、必要な分だけエネルギーのもととして供給する役割がございます。

腎臓 血液中の老廃物や塩分を糸球体で濾過し、体に必要な栄養素は再吸収し、残りを尿として排泄する。過剰に摂取した水分は排泄し、体内の水分量を一定に保ったり、体液のイオンバランスを調整する機能もございます。

大腸 小腸で消化できなかった栄養素を最終的に消化・吸収し、余ったものを水分と共に便として排泄する役割。免疫にも深く関わっており、食べ物と一緒に浸入した病原菌や有害物質などを排除してくれ、体を病気からも守ってくれる優れもの。

食生活では、栄養バランスの良い食事と規則正しい時間に食べることを心がけ、十分な水分補給でスムーズな代謝と排出がデットクスへと導いてくれます。

その他には、▣腸内環境を整える食品を積極的に摂る(食物繊維、乳酸菌、ビィフズス菌、オリゴ糖、酪酸菌)。▣有害な老廃物の活性酸素を中和してくれる食品を積極的に摂る。(ビタミンC、E、カテキンやフラボノイドやポリフェノール)。▣新陳代謝を促進する食品の摂取(にんにく、しょうが、唐辛子等々)。

外部からのデットクス方法では、▣アロマバスで血行促進、リラックス作用で自律神経の乱れを整える。▣リンパマッサージで全身のリンパ・血液の流れを良くして排泄へ促す。▣ストレッチやウォーキングで軽く体を動かすことでも活性化されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です