NK細胞

笑うことでNK(ナチュラルキラー)細胞活性化

リンパの仕組みについては、いつもお客様にお訪ね頂き、ご説明させて頂いておりますが、今回はNK細胞について・・

リンパ球には、T細胞、B細胞、NK(ナチュラルキラー)細胞に分かれておりますが、その中でも免疫力の中でも最も優れているNK(ナチュラルキラー)細胞に注目。
NK(ナチュラルキラー)細胞は細菌やウィルスに感染した細胞やがん細胞などに対して攻撃し、驚異的な働きをします。
どうしたらNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化できるのか?
ストレスを溜め込まず、日頃から笑うことで活性化されたり、乳酸菌、ビフィズス菌ヨーグルトを毎日摂取することでも有名なお話です。

デコルテについて

お客様からのご質問で良く「デコルテ」は何ですか?とお伺い致します。
「デコルテ」とはフランス語で襟ぐりが深いという意味ですが、今では首から鎖骨そして胸元までの事をデコルテと呼ばれております。
「デコルテ」はリンパ節やリンパ管が密集しており、この部分の流れが悪いと肩コリや頭痛、肌荒れ等の原因にもなりますので「デコルテ」はリンパマッサージでは欠かせないパーツ部位となっております。
AromaVIPでは120分コースから「デコルテ」の施術を行っておりますのでお時間がある方は120分コース以上の施術をオススメ致しております。

冷えは万病のもと

本格的な底冷えの寒さになりましたね。
体温とリンパ球の関係データによると、平常時の体温が36℃~37℃以下による場合は交感神経と副交感神経のバランスが取れ、体温免疫力がベストな状態にあります。
身体がやる気が出る体温・長寿の体温とも言われております。
低体温の34℃、35℃の場合は交感神経が優位になり、様々な疾患になりやすく、冷えは万病のもとですので、たかが冷え性と思わず、日頃から体温を上げて免疫力を見方にしましょう。
毎日、帰宅して直ぐにフットバスをするだけでも変化が出るのでオススメです。

リンパについて

お客様からのご質問では、リンパの仕組みについて良くお伺い致します。
今日はリンパについて詳しく解説してみました。

リンパ球
リンパ球は、血流とリンパ液に乗って全身を流れ、いつも悪いウイルスがいないか?
いつも体内をパトロールしております。
必要な時には免疫反応に関与し、役割を果たします。

リンパ液
血液は1分で5リットル体内を循環するのに対してリンパ液は1日に約3リットル体内を循環しており、血液とは違い、リンパ液はゆっくり流れております。

リンパ管
リンパ管は静脈に沿ってあることが多く、構造も静脈に良く似ております。

リンパ節
リンパ節はリンパ管のところどころにあり、大きさは小豆くらいの大きさでフィルターの様な役割をしております。
耳下、鎖骨、腋下、鼠径部、膝下がリンパ節でリンパ液を濾過して、きれいになったリンパ液を血管に返したりします。

リンパドレナージュの施術は、リンパの仕組みに合った手技でゆっくりとリンパを流すことで血流や免疫機能にアプローチし、身体の中から改善していきます。

お客様のお悩み部位

カルテに疲れた部位で一番多いのが、肩コリ・腰痛でお悩みのお客様です。
肩コリや腰痛の大きな原因のひとつは筋肉疲労です。
スポーツをされておられる方の筋肉疲労もございますが、デスクワークでパソコンの前に長時間同じ体勢をとり続けることから来る筋肉疲労も慢性的な肩コリ・腰痛に繋がるうえ、血流の流れも悪く全身にも悪い影響が与えられます。
AromaVIPではオーバーワークして疲労した筋肉を楽にするアロマテラピーもたくさんございますのでお申し付け下さい。