セルライトの脂肪組織の仕組み

普通の皮下組織とセルライトが溜まった組織

普通の皮下組織

◇繊細で柔軟性のある少量の線維が、脂肪組織を支えている。

◇線維をつくる線維芽細胞は健康。組織をサポートするための正常な線維をつくり出している。

◇脂肪細胞には脂肪が貯蔵されている。エネルギーが必要になったときに、必要に応じて放出される。

◇細胞に栄養を与えるために毛細血管からしみ出てきた水分は、排水システムによって取り除かれるため、細胞と細胞の間には、余分な水分はない。

セルライトが溜まった組織

◆組織内の細胞と細胞の間に水が溜まってくる。

◆水分中にあるタンパク質はジェル状になり、線維内に凝結する。

◆エネルギーが必要になっても、脂肪細胞は脂肪を放出することができない。

◆線維芽細胞は、厚くかたくなり、脂肪細胞のまわりに柔軟性のない線維をつくっていく。

◆異常に増殖した線維を取り除く機能は麻痺状態になる。

◆酸素と栄養素に飢えた線維芽細胞が出てきてしまう。

セルライトが出来る主な原因で上げられる仕組みで3つの原因がございます。

《微小循環障害》酸素や栄養素たっぷりの血液は、大動脈から枝分かれしながら、より細かい血管へと流れ、組織内の細胞を取り囲む毛細血管へ到達すると、酸素と栄養素を放出いたします。この毛細血管の血液の流れを「微小循環」といい、ここにトラブルが起こると細胞の働きが悪くなり、組織が飢えて、老廃物や毒素は捨てられず、組織内に溜まったままで、新しい細胞がつくられず悪影響が出始めます。組織内の脂肪細胞は、細くて柔軟性のある少量の線維組織によって支えられており、トラブルが発生しだすと、急激に大量の縄のような太い線維をつくりだします。太い線維になると血行が悪くなり脂肪も溜まり、凸凹構造となっていきます。

《静脈障害》静脈血は重力に逆らって流れているため、ちょっとしたことでも流れが滞りやすくなり、トラブルが発生すると血液は脚に溜まっていきます。この状態が長く続くと静脈内に老廃物や毒素も停滞し、静脈壁にダメージを与え、静脈血も漏れやすくなります。そして血液中の水分が組織に出て溜まり、浮腫みを生じます。

《リンパ排液障害》人間の体には、血管とは別にリンパ管が張り巡らされております。余分な水分や老廃物は、下水道のようにリンパ管に回収される仕組みとなっておりますが、リンパ管が上手く働かないと組織の中に毒素たっぷりの水分が溜まって浮腫みます。流れが滞るとリンパ液中に多く含まれているタンパク質が、リンパから分離してジェル状に固まり、太い線維になり、リンパ液もドロドロの状態になって、どんどん流れが悪くなり、セルライトが出来やすい状態となっていきます。

日頃からリンパドレナージュの施術をすることで、血液やリンパの流れを改善し、体内に毒素や老廃物が溜まりにくい体質へと変化していきますので、出張マッサージのことならAromaVIPへお気軽にご相談下さい。

活動代謝のアップこそがダイエット

リンパストレッチ

皆様もご存じの様に、基礎代謝のアップは生命活動する際に必要ですが、人間の体は1日のエネルギー消費量のうち、基礎代謝は約60%を占めており、男性の場合1500kgカロリー、女性の場合1200Kgカロリーが基礎代謝で消費されるといわれております。基礎代謝は年齢とともに減少していき、代謝が悪くなっていくといわれております。年を重ねるにつれて太りやすい体質へとなっていき、基礎代謝をアップするために様々な方法がございますが、ここでオススメなのは筋肉トレーニング(白筋)よりもリンパストレッチでインナーマッスル(赤筋)を動かして脂肪を燃焼させ、活動代謝をアップさせる方がダイエットになります。人間の体の基礎代謝の割合は脳19.9%、内臓58.5%、筋肉21.6%となっており、筋肉が占める割合はたったの21.6%しかないので効率良く代謝をアップさせるには活動代謝のアップこそが近道です。

筋肉は白筋、赤筋で構成されておりますが、白筋は瞬発力に発揮する筋肉で赤筋は持久力の時に発揮される筋肉です。マラソンランナーが痩せているタイプが多いのは赤筋が多いためです。

活動代謝とは、運動や肉体労働など、体を動かすことで使うエネルギーですが基礎代謝と異なり、人が意識して体を動かす際に消費するエネルギーのことでリンパストレッチで深層リンパに効果的なインナーマッスルはリンパの流れも良くなり、老廃物もデトックス。インナーマッスルはいたって簡単で日常生活の合間にわずか数分で出来ますので生活の一部に取り入れてみられて下さい。

①腹部の呼吸法を使い、息を吐き出す時におへそ下に力を入れてゆっくり呼吸し腹部を意識しながらやるストレッチです。

②ポーズは体操で行う屈伸のやり方ですが、屈伸は両足で行いますがリンパストレッチの場合は屈伸の片方の足を後ろに出し、後ろに出した足の膝から床に付けた状態でもう片方の足は直角になるようにし、上半身は床に付けるような感じで足に力入れるストレッチです。

③背もたれの椅子を使います。椅子に座り、前に上半身を全面倒し、背中に力を入れるストレッチと逆向きの背もたれに寄っ掛かってするストレッチは腹部や胸部側に力を入れる様な気持ちでストレッチを行います。

他にもいろいろなやり方のリンパに効果的なインナーマッスルがございますのでネットで検索されてみて下さい。

毒素の原因

毒素の原因はリンパと血液

体内に毒素が溜まる原因は、不規則な生活、暴飲暴食(インスタント食品、ジャンクフード)、ストレス、運動不足、仕事での過労など、いろいろなことが重なって、体内に不要物が蓄積されます。体に浮腫みやだるさや疲れなどのサインで現れます。

毒素度チェック 鎖骨のくぼみが見えない 足首が太いor浮腫みやすい よく寝ても疲れる 風邪をひきやすい いつも浮腫んでいる 寝ても疲れが取れない 便秘気味 すぐに手足が冷える 傷口が治りにくい 皮膚にハリ、潤い、ツヤが無い コリを感じる やる気が出ない

毒素度チェックにかなり当てはまる数が多い方は、体内に毒素が溜まっております。まずは、生活習慣の見直しとリンパマッサージで体内のリンパと血液の流れを良くして、代謝のいい体、免疫力をアップさせて、老廃物をデトックスしましょう。排泄の悪い体は老化しやすく、そのままにしておくと病気に結びつく危険がございます。リンパマッサージでの効果では、まず、排泄の尿や便、汗などから毒素が排出され、肌のつやが良くなり、疲れにくい体質へと変化して行きます。そして、見てわかる効果では、顔や足の浮腫み改善が出来て、シャープな体へと導いてくれます。

リンパマッサージで健康な毎日を手に入れましょう。

Aroma VIPでは、効能重視のアロマオイルでリンパマッサージを行っております。出張の際には、お気軽に担当セラピストまで、お申し付け下さい。

左右で異なるリンパの流れ

左右での流れの違いのご質問

先日、お客様の施術でのご質問にて、左右でリンパの流れは違うのでしょうか?!

リンパのご説明は、何度もブログにてご紹介させて頂きましたが、左右のリンパの流れについて解説させて頂きます。

リンパ管は、ほぼ血管に沿って全身にございますが、リンパの流れは左右同じではございません。左側、右側で異なった経路をたどります。右側の流れでは、右上半身、左側の流れは下半身と左上半身となっており、左リンパの分布域が右側よりも広い範囲です。両足、腹部、腰部などのリンパの流れは全て左側のリンパです。最終的に左右ともに、鎖骨下の静脈角に流れていきます。

右側のリンパは、右腕、右上半身、右リンパ本幹に集まって右側の鎖骨下静脈へと流れていき、右側リンパは浅いリンパとなっております。左側のリンパは、両足の浅いリンパからお腹にいくと深いリンパへと変わり、胸管を通過し、左上半身のリンパと合流、左側の鎖骨下静脈へ流れていきます。

浅いリンパと深いリンパの違いですが、浅いリンパは表皮のすぐ下にあり、マッサージでも擦る程度、やさしい圧で流れていきます。浮腫みや疲労、体内の老廃物の排出、新陳代謝に効果的とされており、一方、深いリンパとは皮膚の下、筋肉、その下にございます。深いリンパの流れが悪いと余分な脂肪やセルライト、新陳代謝も悪く太りやすい体質となっております。深いリンパの改善は深部の筋肉に張り巡らされているリンパを刺激することで、ぜい肉の引き締め効果も上がり、痩せやすい体へとなっていきます。深いリンパにいかに毒素を溜めないかで流れや代謝が大きく変わって来ます。

日頃からリンパドレナージュでリンパや血液の流れを良くすることで、美容と健康、そして免疫力をアップし、病気にならない体質になりましょう。

AromaVIPでは、お客様のお伺いしましたご質問はブログでも回答させて頂いておりますので、お気軽に何でもお尋ね下さい。

リンパドレナージュの効果

リンパ管の流れの説明

全身のリンパドレナージュ効果作用

 シミ、シワ、くすみを取り除き、小顔をつくり健康的なお顔に導く。

首(デコルテ) ゴミ箱ともいわれているデコルテ部位は、リンパ節が密集している耳裏、鎖骨、脇を流すことで疲労物質が取り除かれて免疫力もアップ、健やかな身体へ。

背中 肩こりや姿勢が悪い体型を良くして、深い呼吸の実感ができ、血行促進効果を実感。

お腹 腸のリンパは体の免疫システムが60%~70%が集中しており重要な部位ともいわれております。便秘解消、腸の免疫アップ、ウエストのくびれに効果的。

 ふくらはぎには、ポンプ作用の役割があり、下に溜まった余分な水分や血流の改善に。その他にも冷え性、浮腫み、セルライトなどの改善の期待ができる。

リンパ管での浮腫みはどうして起こるのか?

身体の細胞は、水分や酸素やホルモンや栄養分などを吸収しております。これらの物質は毛細血管の壁の隙間から滲み出して細胞に届けられてますが、細胞に届いた代謝物や余分な水分などのうち、小さい物質は毛細血管に再吸収され、大きい物質はリンパ管に吸収されております。水分のほとんどがリンパ管に吸収されるのですが、水分の量が毛細血管とリンパ管が吸収されていく水分量が少ないと毛細血管から染み出た水分量が増えてしまい吸収不足となり浮腫みが発生します。

浮腫みを防ぐためにはリンパ管により多くの水分を吸収してもらわなければいけません。

リンパ管を通じて効果的に水分を吸収するには、動脈の流れを促進しないソフトな圧力での正しい順序に沿った施術を行うリンパドレナージュが効果的です。

集合リンパ管へのアプローチ(リンパ節)が重要なポイントとなっております。

正しい順序に沿ったリンパドレナージュとは、分水嶺(流れが変わる境界線)上半身、下半身にあるリンパ節に向かって決まった流れに沿って走行するトリートメントです。決まった流れでは無い場合は、施術しても効果はございません。

リンパを流して改善されれば、細菌、ウィルス、アレルギーから身体を守って、免疫力や代謝もアップし、健康的で病気にかかりにくい体質へと変化していき、体内に余分な水分(浮腫み)が排除されて、冷えにくい体質、基礎体温も上がっていきます。病気になりやすい身体とは、低体温の方といわれております。

出張マッサージのAromaVIPでは、お身体でのお悩みや改善して行きたいご相談も出張の際にお伺い致しておりますので、お気軽に出張セラピスト迄、お申し付け下さい。

 

むくみの原因は水分

人間の体ではリンパ管が水を吸収し、排水する作業を行います。
そのリンパ管を使っても水が回収しきれずにいると細胞のまわりには、徐々に水分が溜まることで、むくみが発生します。
回収しきれなかった水分の中には老廃物や疲労物質なども含まれているとされ、疲れが取れないとか重たい感じとかになります。
全身の中で最もむくみやすいのは足です。
重力の関係で自然に水分が下に行くので非常にむくみやすい部位です。
顔がいつもむくみやすい方は危険信号。

日頃からリンパを流す習慣をつけることで血流を良くし、体の中からデットクス致しましょう。

リンパのことならAromaVIPにお任せ下さい。

NK細胞

笑うことでNK(ナチュラルキラー)細胞活性化

リンパの仕組みについては、いつもお客様にお訪ね頂き、ご説明させて頂いておりますが、今回はNK細胞について・・

リンパ球には、T細胞、B細胞、NK(ナチュラルキラー)細胞に分かれておりますが、その中でも免疫力の中でも最も優れているNK(ナチュラルキラー)細胞に注目。
NK(ナチュラルキラー)細胞は細菌やウィルスに感染した細胞やがん細胞などに対して攻撃し、驚異的な働きをします。
どうしたらNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化できるのか?
ストレスを溜め込まず、日頃から笑うことで活性化されたり、乳酸菌、ビフィズス菌ヨーグルトを毎日摂取することでも有名なお話です。

デコルテについて

お客様からのご質問で良く「デコルテ」は何ですか?とお伺い致します。
「デコルテ」とはフランス語で襟ぐりが深いという意味ですが、今では首から鎖骨そして胸元までの事をデコルテと呼ばれております。
「デコルテ」はリンパ節やリンパ管が密集しており、この部分の流れが悪いと肩コリや頭痛、肌荒れ等の原因にもなりますので「デコルテ」はリンパマッサージでは欠かせないパーツ部位となっております。
AromaVIPでは120分コースから「デコルテ」の施術を行っておりますのでお時間がある方は120分コース以上の施術をオススメ致しております。

冷えは万病のもと

本格的な底冷えの寒さになりましたね。
体温とリンパ球の関係データによると、平常時の体温が36℃~37℃以下による場合は交感神経と副交感神経のバランスが取れ、体温免疫力がベストな状態にあります。
身体がやる気が出る体温・長寿の体温とも言われております。
低体温の34℃、35℃の場合は交感神経が優位になり、様々な疾患になりやすく、冷えは万病のもとですので、たかが冷え性と思わず、日頃から体温を上げて免疫力を見方にしましょう。
毎日、帰宅して直ぐにフットバスをするだけでも変化が出るのでオススメです。

リンパについて

お客様からのご質問では、リンパの仕組みについて良くお伺い致します。
今日はリンパについて詳しく解説してみました。

リンパ球
リンパ球は、血流とリンパ液に乗って全身を流れ、いつも悪いウイルスがいないか?
いつも体内をパトロールしております。
必要な時には免疫反応に関与し、役割を果たします。

リンパ液
血液は1分で5リットル体内を循環するのに対してリンパ液は1日に約3リットル体内を循環しており、血液とは違い、リンパ液はゆっくり流れております。

リンパ管
リンパ管は静脈に沿ってあることが多く、構造も静脈に良く似ております。

リンパ節
リンパ節はリンパ管のところどころにあり、大きさは小豆くらいの大きさでフィルターの様な役割をしております。
耳下、鎖骨、腋下、鼠径部、膝下がリンパ節でリンパ液を濾過して、きれいになったリンパ液を血管に返したりします。

リンパドレナージュの施術は、リンパの仕組みに合った手技でゆっくりとリンパを流すことで血流や免疫機能にアプローチし、身体の中から改善していきます。