昔々のハーブ話その②

楊貴妃や織田信長もハーブを愛でいた

楊貴妃は体の中から香りがしていた?!

昔の中国では、ハーブを薬として取り入れることは日常的でしたが、香りを楽しむことは、高貴な人にしか許されていなく、ハーブは高級品だったそうです。玄宗皇帝の愛妃の楊貴妃が住んでいた沈香亭は柱に沈香、壁に乳香を塗り込んであったといわれております。楊貴妃がいつも服用していた丸薬はクローブ、バジル、シナモンの粉末をはちみつと混ぜたもので体から香気を発していたといわれております。現代では丸薬みたいな役割では、ローズの香りが放つサプリメントでしょうね。

日本初のハーブ庭園は織田信長が指令

日本でのハーブはお料理の薬味や香辛料として古くから現代に利用されております。ショウガ、ミョウガ、シソが登場し、邪馬台国時代から食されていたそうです。8世紀以降からは、日本でもハーブが治療薬として利用されるようになり、ハーブを用いた施薬院(病院)も登場し、日本で初めてハーブガーデンを誕生させたのは織田信長と伝えられております。信長は鮮やかな色や香りを愛でていたそうで、梅やシソを栽培していたとされております。

イギリスとローズゼラニウムのオシャレな香り文化

ヴィクトリア朝時代のイギリス人は、身近にある様々なハーブを取り入れる習慣があり、そのハーブの中でもローズの香りに似たローズゼラニウムを室内の人が通る位置にわざと入れ、スカートのすそが花や葉があたると良い香りが放ってお部屋中が芳香剤みたいに使われていたそうです。その他にもローズゼラニウムの葉を乾燥させて、ポプリや枕にも詰めらていたといわれております。

フェンネルパワーとアーユルヴェーダ

アーユルヴェーダとは歴史も古くインド発祥で薬草を治療薬とし、食生活や習慣病の根本的な考え方から病気を改善していきますが、その中でも治療薬に使われるフェンネルは効能豊富とされており、鼓腸、便秘、消化不良にフェンネルと少量のシナモンを混ぜ合わせたものを湿布の様に患部に貼ったり、またカレーにもフェンネルの種子を入れて食されていたり、礼拝前には、フェンネルの種子を噛むことで、お祈りをしている間はお腹が痛くなるのを防いでいたそうです。現代でいえば胃腸薬ともいえる効果でしょうね。

昔々のハーブ話その①

クレオパトラやアレキサンダー大王やナポレオンの妻

クレオパトラの美貌の秘密はアロエベラ

歴史上の美女クレオパトラはローマ英雄アントニウスを誘惑する際にベッドにローズの花を敷き詰めていたというお話は有名ですが、美肌になるために、アロエベラを使用していたそうです。アロエベラはアミノ酸や、ミネラル、エテロール類など微量多種の栄養成分を含み、肌を保湿したり、ほてりを抑え、紫外線を遮断する働きがあるので、エジプトの強い日差しから美しいお肌を守っていたといわれております。食用でもビタミン、ミネラル、アミノ酸、脂肪酸を含み、特にビタミンとミネラルが豊富で生で食べられる方もいます。神様の食材ともいわれております。

何千本ものバラを所有していたナポレオンの妻

ナポレオンⅠ世の妻のジョセフィーヌ皇后は無類のバラ好きで、自分の庭園に新種のバラ、250種類以上集め、バラを手に入れるために、ナポレオン戦争中も敵対するイギリスのバラ育種家を保護したそうです。なぜそこまでバラにこだわりがあったのか?ナポレオンと結婚する前に名前を変えられてしまったからというお話では本名はマリー・ジョセフ・ローズだったそうです。無類のバラ好きのお話のもう一つは子孫を残すことが女性の役割だった時代にナポレオンとの間に子供が授からなかったことで、綺麗なバラを見て育てていたというお話です。バラといえばローマ皇帝ネロも有名なお話です。

ローマ、ギリシャのパーティーでの予防ハーブ

ギリシャやローマでは、ローマ帝国が崩壊するまでの700年間、一大帝国を築き上げたアレキサンダー大王が様々なハーブの種類や栽培する技術を伝えたことからハーブ文化が盛んになったとされております。パーティーでは、ハーブを使うことが絶対で、お食事する前に手を洗うための芳香水ではリラックス効果があるマジョラム、悪酔い防止として、頭にはローズの花冠に首にはローズマリーの首輪がかけられていたそうです。この頃からハーブは病気や不運を浄化すると信じられて現代に受け継がれております。

腸活と温活

美と健康のために今最も話題になっている腸活と温活について

腸活

①腸は寝ている間に活発に動くため、規則正しい睡眠が腸のリズムをつくるとされております。睡眠のバランスが悪いと腸は本来のちからが発揮出来ず、お通じが乱れたり腸内環境が悪化します。決まった時間にぐっすりと眠るようにリズムをつくりましょう。

②ウォーキングをすることで腸の動きが活性化。腸を支える腸腰筋も鍛えられて、腸の蠕動運動を促します。ウォーキングは全身の血流も良くなり、さらに自律神経を整える働きもあります。腸はリラックスしているときこそ活発になるのでランニングよりもウォーキングの運動量がお勧めです。

③腸を温めると腸の動きが活発になり、老廃物を排出することで腸内細菌のバランス、腸内フローラが整います。常にお腹は冷やさない、いつも温める習慣をつけることが大事です。女性は冷えやすいので気を付けましょう。

温活

①筋肉を使うことで代謝が良くなり、全身が温まりやすくなります。特に太ももなどの大きな筋肉を動かすことで血流がアップし、腹筋を鍛えるのもお勧めです。普段はエレベーターばかりという方は階段を使って、軽めの運動量でも効果的ですよ。

②いつもシャワー浴の方は湯船につかり、身体の芯から温めるなど外部から温める習慣をつけることが大切です。湯船の温度はぬるめの温度にゆっくり時間をかけてつかると良いとされています。その他にも内臓が集中するところには、腹巻きやホッカイロなどを使い下腹部を温めるのもお勧めです。

③常に温かい飲み物を摂取し、血管を広げて血液の循環を良くすることです。ジンジャーやココアやユズなどの飲み物は特にお勧めです。コーヒーや緑茶などのカフェインを含む飲み物は、逆に身体を冷やすとされております。

毎日のちょっとした工夫で、体温や代謝もアップでき、更に腸にも良い影響を与えていきますので、皆様、健やかな毎日を過ごしましょう。

あなたの冷えはどのタイプ?!

冷えるタイプの説明

毎日、朝晩は本格的に冷え込んで来ておりますね。日中のお天気はとても良く過ごしやすいのですが、薄着や毛布無しでの就寝など、油断は禁物です。皆様、風邪引かないように気を付けましょう。気温差のこの季節が危ないです。本日はあなたの冷えはどのタイプ?!冷えとはどのようなタイプの症状なのか詳しくご説明掲載させて頂きたいと思います。

手足だけ冷える末端冷え性 一般的に冷え性とは、身体は通常の体温ですが、手足だけキンキンに冷たく、温まったかと思っても寒いところに行くと直ぐにまた冷える症状のことで、原因は体温の調節を取っている自律神経が察知し、交感神経が優位になり体温を中心部に温めようとし、末端までには血流が行かず冷えるとされています。その他に筋肉の量でも冷える原因がございます。筋肉は心臓に血液を送るポンプ作用の役目がございます。筋肉が多いと血液の流れも良く、体温も高くなります。男性よりも女性が冷え性が多いのも筋肉の量が少ないからとされているからだといわれております。

内臓型冷え性 良くお客様の中でも、施術中に腹部のアロママッサージを致しますと、腹部が冷たい方がおられます。内臓型冷え性タイプです。全身の血流が悪く、このタイプの方は肩コリや腰痛をお持ちの場合が多く、胃腸系の働きも悪いケースもあるので非常に危険な冷え性タイプです。

更年期冷え性 女性特有の症状ですが、更年期障害になられると体が熱い方と冷える方とタイプがあり様々ですが、更年期障害とはエストロゲンの減少によって、女性ホルモンのバランスが乱れて、自律神経のバランスが上手く調整出来ずに血行が悪くなったり、むくみやすい体質になったりいたします。その他では、持病疾患の糖尿病の方も冷える症状がございます。

これからの季節は身体を温めて、冷える体質を改善し未病で元気に乗り越えましょう!冷えを感じたら直ぐに温める習慣をつける事で冷えを退治し、血液の流れが良くなり病気を寄せつけません。特にこの季節ならではの感染症のインフルエンザなどは体温を上げて免疫力を上げることでかかりにくいとされております。

①外出から帰宅したら、こまめに手足を温める。②アロママッサージでリラックスして自律神経の乱れを整えて血流を促す。③有酸素運動をし、筋肉の量を増やす。④タンパク質の多い食材の摂取。⑤温かい飲み物・食べ物に変更する。⑥少しぬるめのバスタイムをゆっくり時間をかけて入る。⑦足のストレッチ・スクワット体操をする。

身体を温めましょう

身体を温める習慣の食品や温まるアロマテラピーの内容

本格的に寒い季節がやって参りましたね。これからの季節は身体を温める習慣をつけて、冷え性にならないように心がけて、健やかな毎日を送りましょう。身体の冷える原因は、体温が低く、血行が悪いことです。血液の循環が悪いと栄養が全身に行きにくく、体内にも老廃物が溜まりやすくなり、次第に免疫力も低下していくなど、身体全体にとても悪影響となります。冷えは万病のもととも言われております。

身体が温まるといろいろと良い作用がございます

免疫力がアップ 免疫細胞を活発にするのには、基礎体温が36.5度といわれておりますが、低体温の方は体温が1度上がるだけで免疫力が5~6倍上がるので、皆様も普段から身体を温めて基礎体温を上げていきましょう。

基礎代謝量がアップ 筋肉や内臓の働きや体温に関係、維持していくための基礎代謝量ですが、体温が高い人は基礎代謝量が多く循環も良いです。基礎代謝量が低いと血行が悪くなり老廃物も溜まりやすく痩せにくくなります。

解毒作用がアップ 肝臓は、アルコールやお薬など、体内に入った有害物質を解毒し排出する役目がございます。低体温だと分解酵素の働きが悪く、老廃物が溜まることにも繋がります。

身体を温めるのに食品からでは、熱を作って筋肉のもとになる動物性タンパク質や根菜類の生姜、人参、牛蒡、蓮根、大根、蕪、葱、玉葱など、きのこ類の舞茸、しめじ、椎茸、えのき茸など、スパイス類では、唐辛子、山椒、こしょう、ナッツメグ、八角などの食品を積極的に摂取することで身体の内側から温まり効果的です。

外部から温めるには、入浴でも身体が温まる入浴剤や柚子を入れてみたり、絶対に薄着をしないなど、足のつま先のストレッチやふくらはぎをマッサージするのも効果的です。

AromaVIPでは身体が温まる精油が盛り沢山ございます。施術の際はどのような症状かをお訪ね致しますのでいろいろな香りの中からお選び下さい。オイルリンパドレナージュでのアロマテラピー無しでは、断然効果が違いますので、是非ご活用されて下さい。たまに香り無しが良いというお客様もいらっしゃいますが、再度カウンセリングでのご説明をさせて頂くと、やはりアロマテラピーを入れての施術でというお客様がほとんどでございます。これからの寒い季節にアロマテラピーの力で体温を一緒に上げて行きましょう。

お肌のメカニズム

お肌のトラブル、お肌のケア

日々の原因からのお肌の状態

寝不足気味の朝は顔色がくまやくすみがちになりやすく、食事では脂っぽい食事が多いとニキビになりやすい、ストレスや腸が悪くお通じが出ないとお肌の調子が良くない等、お肌は健康のバロメーターとも言われるように、直ぐに症状が現れやすいのも特徴で美肌を保つためには、日々のケアと心身が健康的であるという事が大切です。

お肌で良くターンオーバーというのを耳にします。ターンオーバーとは、表皮は一定のサイクルで再生、つまり生まれ変わりが行われており、この新陳代謝のことをターンオーバーと呼んでおります。ターンオーバーの周期は28日間が理想的とも言われておりますが、年齢や部分的によっても異なり、人によっては、かなり遅れることもございます。ターンオーバーのサイクルが乱れるとお肌を守るバリア機能が低下し、肌荒れやニキビや傷の回復が遅くなるなどの原因になりやすいとされております。

お肌機能を弱らせる主な要因は外気の乾燥や紫外線などの環境からくる外的要因と栄養バランスの偏り、生活リズムの狂い、代謝の不調、加齢などの内的要因がございます。そして、身体全体を包む皮膚は、温度、湿度の変化、紫外線、埃など様々な外部の刺激から守られており、皮膚の厚みは、0.4~1.5mm。お肌は薄くデリケートな構造となっております。

お肌の調子は、年齢的なことも、季節によっても変わりますがご自分に合ったお肌の状態で正しいケアをされていくのがベストです。ニキビ、くま、くすみなどのお肌のトラブルを改善し、ハリと潤いと弾力のある健康的なお肌が理想的で、いつまでも若々しいお肌のキープが出来ますようにフェイシャルコースでは、お客様お一人お一人にカウンセリングで乾燥肌、敏感肌、脂性肌、混合肌、普通肌などの各肌質でのお悩みをお伺いさせて頂いておりますのでお気軽に御相談下さい。

アロマフェイシャルでは、お客様のお肌に合った様々な精油をご準備致しておりますのでこれから乾燥する季節に初めての方はお手入れをされてみてはいかがでしょうか?!

心よりお電話ご予約お待ち致しております。

心の疲れをリセット

様々なストレス発散や解消方法

心の疲れとは? 何もやる気が起こらない、訳も無いのにイライラする、休んでも休んでも疲れを持ち越す等々、ストレスが知らないうちに積み重なって、心から発している悲鳴の現れかもしれません。心の疲れとは、身体と違い症状が表に直ぐには、現れないために自分自身では気が付かずに見過ごしてしまいがちです。知らず知らずのうちに無理をし、心のストレスが原因で身体に不調和が出て来てしまい、病気へと繋がることもあるので注意したいところです。

心の疲れが身体に影響する仕組み 人間が過剰なストレスを受けると、自律神経系が不安定になります。自律神経のバランスが乱れると交感神経と副交感神経が正常に働かなくなり、全身の様々な働きを調整する力が低下し、ホメオスタシスのバランスもくずれ、内分泌系や免疫系に影響が出て、身体が疲れやすくなったり、食欲がわかない、寝付きが悪い等の症状へ

ストレスと上手に向き合う 人間は必ずしもストレスと付き合って生活をして行かなければいけませんがストレスは考え方や受け取り方の思考を変えるだけでストレスが軽減することが可能です。ポジティブに考える思考や自分なりの無理をしない穏やかで調和の発想等々の意識がストレスを減らす近道、ストレスと上手に付き合って行く方法です。

モヤモヤした心と感じたら自分に合った解消法

思いっきり身体を動かす運動をし、汗を流すことで気分もスッキリ、快眠へ

自律神経の乱れを整える音楽やアロマテラピーなどを使い、心身をリラックスさせて自然のエネルギーを取り入れることでポジティブ思考へ

気分転換出来ることに没頭し、思いっきり笑ったり、自分の好きなことに気持ちを置くことで発散する

栄養バランスのよい食事を取り健康的な心と身体をつくり、病気やストレスに負けない耐性を高める

しっかりとした質のよい睡眠を取り、脳や身体を休めさせ毎日のバランスリズムを取る

美味しく食事が出来るのも、健康的な生活を送れることも、大切なのは心の状態です。元気な身体は、いつも心が元気であること。ストレスを溜めないように自分なりのリセット方法で解消し、毎日健やかな日々で過ごしましょう。

ホメオスタシス

自律神経、内分泌、免疫

人間の身体の内外には、温度や湿度などいろいろな環境の変化が起こり、その変化によって、身体の状態を一定に保つために体内で調整をする働きのことがホメオスタシスです。体温や血流量だけでなく、喉がかわいたり、お腹が減った時にお腹からグーっていう音もホメオスタシスが働きかけて起こっている現象です。ホメオスタシスは身体に様々なサインを出してくれる調整役として毎日サポートしてくれています。その調整をするホメオスタシスのメカニズムには、詳しく解説すると3つございます。身体の働きを調整する自律神経、ホルモンの分泌をつかさどる内分泌系、細菌や異物や病原菌から身を守る免疫系ですが、この3つの働きが揃ってホメオスタシスが正常にバランスよく働くことで健康維持へと繋がっております。

自律神経 脳の中にある視床下部の指令を受けて、生命の維持に必要な活動を調整してくれています。呼吸、心拍、血圧、体温、発汗、排尿など。自分の意志ではコントロール出来ないのが自律神経ですが、交感神経と副交感神経でバランスを取って成り立っております。

内分泌系 ホルモン作用によって身体の成長や代謝を促したり、消化液の調整をするなど、生きるために様々な機能を調整してくれています。下垂体、甲状腺、ランゲルハンス島、副腎、卵巣、精巣など。内分泌系で作られたホルモンは体内の臓器を調整したり管理したりと、いつもと違ったりすると、自律神経を通じてまた同じ様にしようとする整える働きもします。

免疫系 ウィルスや細菌や病原菌などの異物から身を守り、健康を維持する働きをします。人間の体は生まれつき備わっている防御システムの力で自律神経や内分泌系と繋がって上手くバランスを取って機能が保たれております。逆に免疫が過剰に反応し過ぎてしまうのは、アレルギーです。花粉症、アナフィラキシーショックなどですが、女性に多いのはリウマチ、バセドー病などの自己免疫疾患です。

上記の調整機能のバランスが乱れるのは、ストレスや不規則な生活習慣によって自律神経の乱れが起こり、内分泌系や免疫系にも影響がいき、調整機能が壊れていきます。ホメオスタシスが上手く働かず、心身のバランスが崩れて様々な不調があらわれますので、健やかに心身のリラックス、リフレッシュをし規則正しい毎日で体に良いものを取り入れましょう。

活動代謝のアップこそがダイエット

リンパストレッチ

皆様もご存じの様に、基礎代謝のアップは生命活動する際に必要ですが、人間の体は1日のエネルギー消費量のうち、基礎代謝は約60%を占めており、男性の場合1500kgカロリー、女性の場合1200Kgカロリーが基礎代謝で消費されるといわれております。基礎代謝は年齢とともに減少していき、代謝が悪くなっていくといわれております。年を重ねるにつれて太りやすい体質へとなっていき、基礎代謝をアップするために様々な方法がございますが、ここでオススメなのは筋肉トレーニング(白筋)よりもリンパストレッチでインナーマッスル(赤筋)を動かして脂肪を燃焼させ、活動代謝をアップさせる方がダイエットになります。人間の体の基礎代謝の割合は脳19.9%、内臓58.5%、筋肉21.6%となっており、筋肉が占める割合はたったの21.6%しかないので効率良く代謝をアップさせるには活動代謝のアップこそが近道です。

筋肉は白筋、赤筋で構成されておりますが、白筋は瞬発力に発揮する筋肉で赤筋は持久力の時に発揮される筋肉です。マラソンランナーが痩せているタイプが多いのは赤筋が多いためです。

活動代謝とは、運動や肉体労働など、体を動かすことで使うエネルギーですが基礎代謝と異なり、人が意識して体を動かす際に消費するエネルギーのことでリンパストレッチで深層リンパに効果的なインナーマッスルはリンパの流れも良くなり、老廃物もデトックス。インナーマッスルはいたって簡単で日常生活の合間にわずか数分で出来ますので生活の一部に取り入れてみられて下さい。

①腹部の呼吸法を使い、息を吐き出す時におへそ下に力を入れてゆっくり呼吸し腹部を意識しながらやるストレッチです。

②ポーズは体操で行う屈伸のやり方ですが、屈伸は両足で行いますがリンパストレッチの場合は屈伸の片方の足を後ろに出し、後ろに出した足の膝から床に付けた状態でもう片方の足は直角になるようにし、上半身は床に付けるような感じで足に力入れるストレッチです。

③背もたれの椅子を使います。椅子に座り、前に上半身を全面倒し、背中に力を入れるストレッチと逆向きの背もたれに寄っ掛かってするストレッチは腹部や胸部側に力を入れる様な気持ちでストレッチを行います。

他にもいろいろなやり方のリンパに効果的なインナーマッスルがございますのでネットで検索されてみて下さい。

足裏の西洋式と東洋式

リフレクソロジーの東洋式と西洋式の違い

足裏は第二の心臓とも言われ、血液の流れは心臓のポンプ機能によって心臓から足の先まで流れておりますが、今度は重力に逆らって、血液は足の先から心臓に返っていく仕組みとなっております。この時に必要なのは足の筋肉の伸縮が血液を促すポンプの役目となりますが、足裏には様々な臓器や器官の反射区があり、そこを刺激することで活性化されるので、第二の心臓といわれております。足裏(足つぼマッサージ)=リフレクソロジーともいわれており、知っている方は多いかと思います。リフレクソロジーの語源はリフレックス(reflex)(学問を指すロジー)(logy)と組合わさった言葉で反射の学問という意味です。

リフレクソロジーは東洋式と西洋式があり、東洋式は(良薬口に苦し)という言葉があるよう、痛みに耐えて効果があるという考え方ですが、西洋式は(痛みはストレス)という考え方から、なでるように優しい刺激で行います。反射区の位置も東洋医学のつぼと西洋医学のつぼは若干異なりますが反射区によってのエネルギーラインは違ったものの反射区の刺激によって不調の緩和予防に効果的だという考え方は同じです。

以前にも詳しくブログにてリフレクソロジーのご説明、反射区チャート画像の添付をさせて頂いておりますが、施術中もセラピストにお訪ね頂ければ、どの部分がどの器官など、詳しくご説明させて頂きますのでお気軽にお申し付け下さい。

リフレクソロジー(足つぼマッサージ)のみの施術は行っておりませんので、御希望のお客様は必ずボディのリンパドレナージュのオイルマッサージとの組み合わせにて行っております。オプションサービスで施術させて頂いておりますのでお気軽に出張セラピストにお伝え下さい。