体内リンパの力

リンパの流れや役割

リンパの流れが良いと体が元気になる

リンパは体を病原菌などの外敵から守る免疫システムがあり、怪我や傷など、体のどこかに外敵からの侵入が来ると、異常を感知し、その場所に集まります。例えやすいケースでいえば風邪をひいてリンパ腺が腫れるのは、リンパ球が(細胞、全身に約800球位)がリンパ節に集まり、外敵のウィルスなどと戦ってやっつけようとしている状態です。風邪で例えましたが、内臓でも同じ様に集まってきます。

病気ではないけど、疲れや浮腫みが取れない、コリがひどい、いつもだる重いとき、リンパの流れや滞りが非常に悪い状態です。リンパは筋肉がポンプの役割をしており、筋肉が動くことで全身に流れていくので、筋肉にコリがあると筋肉自体が硬く、弾力性が無い、ポンプの働きが弱い、リンパの流れも悪化、血行不良、疲れが溜まりやすいという結論となっていきます。慢性疲労でダメージを受けるのは内臓の疲れですが、リンパの流れが内臓や細胞に行き届かず、疲れのもととなる老廃物が溜まりやすいようにもなります。

リンパの流れが良くなると体の中の悪いものが出て行きます。汗、尿、便の排泄物がどんどん出て体の悪い毒素が出ていき内側から良くなっていきます。このように体内から変わると疲れにくい、代謝が良い、免疫力アップ、病気しにくい体質へとなっていきます。

血液が細い血管から太い血管、そして動脈へ流れるようにリンパも細いリンパから太いリンパへと吸収されていきます。そしてリンパ管には静脈と同じように内側に弁があり、リンパの逆流を防いでいて一方向に流れております。浅いリンパ管は静脈に沿って、深い層にあるリンパ管は動脈・静脈に伴う太いリンパ菅に沿って走っております。これらのリンパ管はフィルターみたいな役割をするリンパ節へと流れこみ、リンパに含まれている老廃物や余分な水分を除去しております。

リンパは血液のように心臓の動きから流れてくるのとは違い、リンパにはポンプの役割を果たすものが無く、リンパ管を取り囲む筋肉が収縮することでリンパ液が流れていく仕組みとなっております。筋肉がこって硬い場合や運動不足で筋肉不足ではリンパの流れも悪く、体内で老廃物を滞留させてしまうということです。

リンパは静脈の直ぐ横を流れています。リンパマッサージでリンパに沿って圧をかけながら刺激をすることで血行も良くなり全身の疲労物質も改善され、体の内側から健康的になれるマッサージです。

血管と血流について

血液を運ぶ血管が丈夫であれば、外気温の変化にも合わせて、血管の収縮や拡張が循環良くスムーズに行われ、適切な体温を保ち冷えを免れますが、血管や血流が悪いと手足の先の末端までは温まった血液が行き渡りません。血流が悪化すると細胞にまでも十分な栄養が行き渡らず、肌トラブルでも顔色が悪かったり、くすんだり、目の下に青クマが出来たりもいたします。常に血流が悪く冷えでお悩みの方は内臓機能低下、病気になりやすい体質にもなりますので注意が必要です。

血管と血流のお話と詳しくなると毛細血管がございますが、人間の体は全身に血管が張り巡らされており、動脈血、静脈の太い血管や枝分かれした毛細血管があります。血管のおよそ90%は太い血管から枝分かれしているのが毛細血管となっております。この毛細血管は、髪の毛の10/1の太さしかない非情に細くて繊細です。若い頃は元気に流れておりますが、年齢が上がるにつれて血流の活動も衰え、活動のピーク時に比べると30%~40%も減少するといわれております。更に食生活の乱れや運動不足分での筋力低下で血流が滞ったり、活性酸素の影響でも毛細血管は消滅していきます。

毛細血管をアップするには、滞った血流を改善し、活性化させる体作りが大切です。寒いこの季節には、体を温める飲み物で体温を上昇し、お仕事のデスクワークではストレスや疲れを感じる時に気持ちを落ち着かせる香りを嗅ぐことでリラックス、凝ったら直ぐに筋肉をほぐすストレッチやながら運動をする。特にふくらはぎのマッサージは効果的です。足のむくみも取れて全身の血流もアップいたしますし、他にもアロマテラピーの使用では、血管が拡張する作用、体温調節、血流促進、体温上昇などなどといろいろな効果作用のアロマテラピーがございますので詳しくはAromaVIPセラピストまでお訪ね下さい。

疲れ・だるさ・むくみ

目や肩、全身、足の疲れについて

パソコン疲労 全身の血液・リンパの流れや自律神経のバランスを整えることが大切です。目、首、腰、手腕、頭の疲れの他、神経が常に過敏にある状態になっている場合もございます。上半身中心で過剰に動かしており、下半身は座り続けている状態では、血流の流れが悪く、下半身はむくみとして更に悪循環体質になってしまいます。

目の疲れ 疲れ目をそのままにしておくと、視力の低下や目の下にクマや小じわ等

肩の疲れ 首や肩の周辺の筋肉が緊張・疲労することで、血液循環が悪くなったり、運動不足、姿勢の悪さからも症状が現れます。他にもストレスからの肩コリは首のコリにも影響しますので早めに循環を良くしてあげるのが大事です。

全身のだるさ 普段、生活をしているだけでも多くの方が抱える心身の疲労ですが、肉体疲労やストレスにより、慢性化する傾向にあります。全身の気の流れや血流を良くすることで栄養や酸素も巡り疲れにくいエネルギー体質へとなって行きます。

全身のむくみ 水分代謝が悪く、不要な水分が溜まっていく状態がむくみです。汗をかかない、排泄の回数が少ない、筋肉量が少ない方などむくみやすい体質です。そのまま放置しておくと内臓機能は低下しやすく、免疫力も低下となってしまいますので、早い段階でリンパマッサージを行うことがオススメです。

足のむくみ 上半身に比べて下半身の水分代謝が低く、下半身に水分が滞ってしまっている状態です。下半身のむくみを放置してしまうと下半身太り、冷え性の原因にも繋がりますので下半身を動かしたり、ウォーキングをしたりリンパマッサージでむくみを取ることで改善されます。

AromaVIPでは、ヘッドマッサージ、リンパマッサージ、リフレクソロジー、ボディケア、フェイシャル等、お客様の症状に合わせた施術プログラムでさせて頂いておりますので、出張の際にはお気軽にセラピスト迄お伝え下さい。

出張マッサージの訪問での流れ

出張マッサージで訪問時にお客さまのご案内の流れ

AromaVIPでの出張について

ビジネスホテルやご自宅への出張とさせて頂いております。セラピストが訪問してカウンセリングを行い、施術内容を確認しながら、お客様の症状やお好みの香りから多数のアロマテラピー(精油)オイルをお選び頂ける、完全オーダーメードの施術となっております。

例 症状① 頭痛や肩コリがひどく、足の浮腫みも気になる方には、全身120分コース(ヘッドマッサージ・軽く肩のボディケア・全身アロマリンパドレナージュ)

例 症状② 肩コリや腰痛や足の筋肉痛の方にオススメは、全身120分コース(全身ボディケア・リフレクソロジー・全身アロマリンパドレナージュ)

例 症状③ 体の疲労は溜まっているけど、特に足の疲れを取りたい方にオススメは90分コース(リフレクソロジー・背面・足アロマリンパドレナージュ)

例 症状④ 全身のコリやお顔のケア、足の浮腫みも気になる方には、全身180分コース(ヘッドマッサージ・全身ボディケア・リフレクソロジー・アロマリンパドレナージュ・フェイシャル)

例 症状⑤リンパの流れをデトックスし、お顔のケアが気になるの方のオススメは、全身150分コース(アロマリンパドレナージュ・フェイシャル)

施術内容はお客様の症状に合わせてお選び頂けるシステムとなっております。

※ヘッドマッサージのみ、リフレクソロジーのみ、ボディケアのみ、だけの出張施術は行っておりません。上記のコースはリンパドレナージュコースのサービスオプションとさせて頂いておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

アロマリンパドレナージュでのオイル(精油)の選び方もご自由ですが、精油に詳しくないお客様でも症状やその日のご気分をセラピストにお伝え下さい。セラピストの方からもお伺い致しますので、何でも担当セラピストにお申し付け下さい。種類がたくさんございますので、迷われる方も多いですが資格セラピストがお客様に合うアロマテラピーをアドバイスさせて頂きますのでご安心して施術を受けられて下さい。

AromaVIPでは、ピュアナチュラルオイルをフレッシュで新鮮な状態でお客様にご提供させて頂いております。

出張のことならAromaVIPにお任せ下さい。

リンパドレナージュの効果

リンパ管の流れの説明

全身のリンパドレナージュ効果作用

 シミ、シワ、くすみを取り除き、小顔をつくり健康的なお顔に導く。

首(デコルテ) ゴミ箱ともいわれているデコルテ部位は、リンパ節が密集している耳裏、鎖骨、脇を流すことで疲労物質が取り除かれて免疫力もアップ、健やかな身体へ。

背中 肩こりや姿勢が悪い体型を良くして、深い呼吸の実感ができ、血行促進効果を実感。

お腹 腸のリンパは体の免疫システムが60%~70%が集中しており重要な部位ともいわれております。便秘解消、腸の免疫アップ、ウエストのくびれに効果的。

 ふくらはぎには、ポンプ作用の役割があり、下に溜まった余分な水分や血流の改善に。その他にも冷え性、浮腫み、セルライトなどの改善の期待ができる。

リンパ管での浮腫みはどうして起こるのか?

身体の細胞は、水分や酸素やホルモンや栄養分などを吸収しております。これらの物質は毛細血管の壁の隙間から滲み出して細胞に届けられてますが、細胞に届いた代謝物や余分な水分などのうち、小さい物質は毛細血管に再吸収され、大きい物質はリンパ管に吸収されております。水分のほとんどがリンパ管に吸収されるのですが、水分の量が毛細血管とリンパ管が吸収されていく水分量が少ないと毛細血管から染み出た水分量が増えてしまい吸収不足となり浮腫みが発生します。

浮腫みを防ぐためにはリンパ管により多くの水分を吸収してもらわなければいけません。

リンパ管を通じて効果的に水分を吸収するには、動脈の流れを促進しないソフトな圧力での正しい順序に沿った施術を行うリンパドレナージュが効果的です。

集合リンパ管へのアプローチ(リンパ節)が重要なポイントとなっております。

正しい順序に沿ったリンパドレナージュとは、分水嶺(流れが変わる境界線)上半身、下半身にあるリンパ節に向かって決まった流れに沿って走行するトリートメントです。決まった流れでは無い場合は、施術しても効果はございません。

リンパを流して改善されれば、細菌、ウィルス、アレルギーから身体を守って、免疫力や代謝もアップし、健康的で病気にかかりにくい体質へと変化していき、体内に余分な水分(浮腫み)が排除されて、冷えにくい体質、基礎体温も上がっていきます。病気になりやすい身体とは、低体温の方といわれております。

お客様からのご質問で良く「デコルテ」は何ですか?とお伺い致します。「デコルテ」とはフランス語で襟ぐりが深いという意味ですが、今では首から鎖骨そして胸元までの事をデコルテと呼ばれております。「デコルテ」はリンパ節やリンパ管が密集しており、この部分の流れが悪いと肩コリや頭痛、肌荒れ等の原因にもなりますので「デコルテ」はリンパマッサージでは欠かせないパーツ部位となっております。AromaVIPでは120分コースから「デコルテ」の施術を行っておりますのでお時間がある方は120分コース以上の施術をオススメ致しております。

出張マッサージのAromaVIPでは、お身体でのお悩みや改善して行きたいご相談も出張の際にお伺い致しておりますので、お気軽に出張セラピスト迄、お申し付け下さい。

マッサージの種類

マッサージの種類別と施術内容

ドライマッサージ

整体(日本・中国)筋肉を揉みほぐしながら、ストレッチを加えたりし、骨格の歪みを整え、全身の骨や筋肉のバランスを調整。姿勢が悪い人や産後の骨盤矯正の人や腰が悪い人などに合う施術です。施術にストレッチ器具を加えたりもします。筋肉から骨格に働きかけて、肩こりなどの改善に。

カイロプラクティック(アメリカ)痛みやコリの原因は骨格の歪みからと考えられており、専用ベットや手技により(アジャストメント)と呼ばれている矯正施術をし、体の神経の働きの回復を促す施術。骨の歪みを整える専用ベットは頚部、胸部、腰部、骨盤部のクッションが上下に動くシステムになっており、背骨の歪みを治したい人や腰痛の人、O脚、X脚の矯正にも効果的。骨から矯正して、筋肉や関節の痛みを和らげる。

タイ古式(インド・タイ)足から頭にかけて、指圧で筋肉をほぐした後の筋肉がゆるんだ状態の時に施術者と一緒にストレッチをする施術で、そのストレッチには100種類以上もあるといわれております。体の部位をコントロールするセンといわれている(エネルギーライン)場所に働きをかけることで、リンパの流れや全身の血行促進にも効果的。

台湾式(台湾・中国)蒸しタオルを使って、まずは体を温めた後に筋肉をほぐしたり、足裏にある反射区を刺激したり、施術者は手、指、足を使って体をほぐすことから、幅広い施術方法でのマッサージです。強めの揉みほぐしなので、時間が無い人や部分的に施術をしてもらいたい人にオススメです。足裏の施術には、クリームやオイルを使用することもあります。

オイル・クリームマッサージ

★リフレクソロジー(中国・中央ヨーロッパ・アメリカ)(AromaVIPの施術)オイルやクリームを用いて、足裏とふくらはぎの施術となっております。足裏の施術は反射区(ツボ)を刺激し、内臓、体の各器官の活性化。ふくらはぎでの施術では、膝下から甲までの部位で浮腫みを取ったり、足の疲労回復の改善に効果的です。リフレクソロジーは英国式と台湾式とあり、英国式は比較的にソフトタッチですが、台湾式は強めの施術となっております。

★ヘッドスパ(インドネシア)髪に潤いを与えてくれるクリームを使って頭皮やデコルテのマッサージをするところや美容室みたいにスチームをあてるお店もございます。スチームでは毛穴や頭皮の汚れを浮かして取り除き、頭皮のマッサージでの効果は、眼精疲労や肌のハリや顔色も良くなります。(AromaVIPではドライヘッドマッサージの施術は行っております。)

オイルマッサージ

世界各国のオイルマッサージは様々な種類や施術内容が異なっておりますので、詳しく解説していきたいと思います。

アーユルヴェータ(インド)心と体のバランスを整え、体のエネルギーの不調改善を図るといった考え方から来ている施術で、体調に合わせたメニューの組み合わせとマッサージオイルには栄養豊富なセサミを使用しますが、セサミオイルも体質に合せてその人の体に合った調合をしてくれます。セサミオイルにはビタミンA B E ミネラルが豊富なことから、美容にも人気の高いオイルマッサージです。その他にも額にオイルを垂らすシロダーラも有名です。

バリニーズ(インドネシア)気の経路をたどる少し強めに押し流すのが特徴の施術ですが、東洋医学に基づいた(気)ロングストロークでの揉みほぐしや、ゆっくりとした圧をかける施術には血行促進効果や自律神経を整えて、疲労回復へと導きます。マッサージオイルに使用されるのはジャワ王族の美容法だった、オリーブオイルなどですが、オリーブオイルにはビタミンA C 保湿性も優れておりますので、美容効果に期待出来ます。

★リンパドレナージュ(フランス・イギリス)(AromaVIPの施術)オイルマッサージでは大人気の施術となっております。ソフトな圧をかけながら、リンパの流れや血液の流れを良くし、疲労物質や余分な水分を排出へと促す、デトックス効果の高い施術です。浮腫みやすい方や代謝の促進効果、免疫力もアップいたします。AromaVIPでのマッサージオイルは一年を通し、人の肌質も変わることから、季節に応じてフレッシュで良質のオイルを使用、変更しております。

ロミロミ(ハワイ)全身の疲れや肩こり、腰痛の不調に効果的な施術で施術する側は体重移動で肘から下の部分や前腕、手のひらでマッサージを行うため、比較的に広い面を使っての均等な施術で、揉み返しが少ないとされております。古代ハワイから伝わるホットストーンで体を温めてからのセットの施術も人気が高いようです。

スウェディッシュ(スウェーデン)日本ではあまり知られていないオイルマッサージですが、海外では人気が高いとされております。オイルの使用量は他国のオイルマッサージよりも少なめとされており、マッサージのリズムもゆっくりとされてます。北欧の寒い国ならではでの摩擦を加えながらの手技法で考案されたのは、スウェーデンのお医者さんとされております。

★アロマトリートメント(イギリス・フランス)(AromaVIPの施術)精油(エッセンシャルオイル)をキャリアオイルに混ぜて、皮膚吸収させて、全身の疲労や心の不調を癒すトリートメントです。気分や体調に合わせて精油をチョイスしたり、調合して施術も出来ることから、そのときに好む香りから自分の体調を知ることも出来ます。また鼻からの吸入、嗅覚を通じてへの効果では自律神経の乱れが整ったり、精油の種類別で様々な効果作用の期待が出来ます。

リフレクソロジー・足裏マッサージについて

リフレクソロジーについての歴史や反射区の作用

リフレクソロジー(反射療法)(足裏マッサージ)

リフレクソロジーの目的は足の血行を促進し、体内に蓄積された老廃物や疲労物質を排泄したり、重力で下に行った血流の流れを改善、浮腫みやすい悪循環にも効果的なマッサージです。その他に足裏には内蔵器官のツボや身体の器官のツボが密集しており、刺激を与えることで自律神経が活性化されて、自分の力で病気を治そうとする能力が出てきます。そしてリフレクソロジーを行うことにより自然治癒力が高まります。血流が悪く様々なトラブル(肩こり、腰痛、冷え性)を抱えておられる方にも凄くお勧めです。

リフレクソロジーの始まり(歴史)はいろいろとあり、紀元前2230年くらいにエジプトのカッサラで発掘された医師のお墓の壁画から足のマッサージを受けている4人の様子が掘られていたことから、この時代からリフレクソロジーがすでに行われていたという説とインドや中国では約5000年前に漢方医の王偉という人が患者に体に針を打った後に足裏を親指で強く押して治療を施したという記録が残されているのも出て来ていることから、かなり古くから足のマッサージ効果は発見されていたようです。現在のリフレクソロジーにおいての第一人者は19世紀初めにアメリカ人である医師のウィリアム・フィッツジェラルド博士の足のゾーンセラピーというのが開発され、それをもとに研究技術をベースに足の反射ゾーンに注目が移り、更に考案されたのがアメリカのユーナイス・イングハム女史です。現在のリフレクソロジー(足の反射療法)となっております。

リフレクソロジーは世界的に通用する施術で、反射区の効果は画像に掲載しております。

足裏は第二の心臓とも言われておりますが、血液の流れは心臓のポンプ機能によって心臓から足の先まで流れており、今度は重力に逆らって、血液は足の先から心臓に返っていく仕組みとなっております。この時に必要なのは足の筋肉の伸縮が血液を促すポンプの役目となりますが、足裏には様々な臓器や器官の反射区があり、そこを刺激することで活性化されるので、第二の心臓といわれているそうです。足裏(足つぼマッサージ)=リフレクソロジーともいわれており、知っている方は多いかと思います。リフレクソロジーの名前の語源はリフレックス(reflex)(学問を指すロジー)(logy)と組合わさった言葉で反射の学問という意味です。

リフレクソロジーは東洋式と西洋式があり、東洋式は(良薬口に苦し)という言葉があるよう、痛みに耐えて効果があるという考え方ですが、西洋式は(痛みはストレス)という考え方から、なでるように優しい刺激で行います。反射区の位置も東洋医学のつぼと西洋医学のつぼは若干異なりますが反射区によってのエネルギーラインは違ったものの反射区の刺激によって不調の緩和予防に効果的だという考え方は同じです。施術中もセラピストにお訪ね頂ければ、どの部分がどの器官など、詳しくご説明させて頂きますのでお気軽にお申し付け下さい。リフレクソロジー(足裏マッサージ)のみの施術は行っておりませんので、御希望のお客様は必ずボディのリンパドレナージュのオイルマッサージコースとの組み合わせにて行っております。無料オプションサービスで施術させて頂いておりますのでお気軽に出張セラピストにお伝え下さい。

日頃から血流の循環を良くし、余分な水分や疲労物質を排除、反射区を活性化することによって、様々な病気の予防にも繋がり、健康維持へと導きます。足裏は痛いところが現在最も弱っている場所ですので、普段では全く気が付かない身体の悪い部分が発見出来たりも致しますので、是非施術されてみてください。

出張マッサージの内容

出張マッサージ内容のリンパドレナージュ

リンパドレナージュ(オイルマッサージ)

リンパドレナージュの効果は日頃から浮腫みやすい体質の方や疲労が溜まりやすい方などに適した施術で全身のリンパや血液の流れを良くし、体内の余分な水分や毒素を排出へと導く施術となっております。マッサージでの強弱のご希望のお客様は担当セラピストにお伝え下さい。アロマテラピーの種類も豊富に取り揃えておりますので、いろいろな香りをお試しになられてから、ご自身に合うリラックスな香りで施術を満喫されて下さい。

フェシャルマッサージ(完全予約)

フェシャルマッサージはお顔全体にフェシャル用オイルを用いて、リンパの流れを良くし、肌の潤いや引き締め効果、くすみなどの効果も期待出来ます。

ヘッドマッサージ

首の根元から頭皮全体に刺激を与え、眼精疲労の緩和や深いリラックス効果の期待が出来て、ストレス解消や髪の艶にも効果的です。

リフレクソロジー(足裏やふくらはぎ)

足裏は第二の心臓とも言われ、反射区を刺激することによって自然治癒力が高まります。日頃では、気が付かない部分が足裏マッサージをすることにより、悪い症状とかも発見出来たりもしますので、ご自身の体質管理にお役立て下さい。

ボディケア(揉みほぐし)

リンパドレナージュの前に軽い揉みほぐしをされたい方のみに(30分程度)サービスでコース内での施術も行っておりますので、お気軽にセラピストにお申し付け下さい。

※ボディケアのみの施術は行っておりますので、必ずリンパドレナージュのオイルマッサージ内でのコースオプションとなっております。

AromaVIPの出張マッサージでは、ビジネスホテルやご自宅への出張マッサージとさせて頂いております。ファッションホテルやラブホテルへの出張は致しておりませんので御遠慮下さい。

基礎豆知識

精油の基礎豆知識や代替医療

エッセンシャルオイルって何?

エッセンシャルオイル(精油)とは、芳香植物が持つ有効成分が濃縮された、香りのオイルで別の名前では精油ともいいます。植物から採取されますが、その量はわずかなもので大変貴重となっており、その精油の微量でも優れた効用や作用があり、生命に溢れ、私達を元気にさせてくれます。その精油ですが直接、肌につけるのではなく、キャリアオイルと混ぜて使用いたします。

誰でも、いつでも使えるの?

老若男女、誰にでも使えます。ただし高齢者や子供は抵抗力が少ないため、使用量や種類には気を付けて下さい。妊婦は妊娠初期、中期、後期、出産後の授乳期で使用できる精油もことなります。その他に圧搾法での柑橘類は光毒性といって、皮膚に付けたまま日中、紫外線を浴びると皮膚が赤くなったり、痛くなったりするものもございますので精油選びには気を付けて下さい。

副作用の心配は無い?

副作用はありませんが皮膚につけたらピリピリするオイルや成分が皮膚を容易に通過して組織に悪い影響を与えるオイルもございます。なるべく同じものばかりを使用せずにすることも大切です。アレルギーの人は注意する精油もございます。

アロマセラピーって何?

アロマセラピーとは、芳香療法のことで、植物の香り成分を利用し代替療法の一つとして、世界中で行われております。植物から抽出されたエッセンシャルオイル(精油)を用いて、心身のバランスを取り、免疫力やホルモンの分泌などに働きかけ、人間の体をリセットします。日本では香りを楽しむことをアロマセラピーだと思われていますが、欧米では基本的にエッセンシャルオイルを希釈して行われている、アロママッサージの手技療法のことをいいます。ストレスを感じた時や体調が悪い時など、薬や手術などで治すのではなく、長い目で見て根本的な体質改善をする療法です。嗅覚や皮膚を通じて代謝を良くしたり、血流を促進したり、ホルモンの分泌調整、体温を適度に保つ効果など、体に負担がかからない、体に無理がない療法です。

アロマセラピーで得られる効果は?

植物は菌から身を守るために備えている、殺菌効果には人体への影響としては、炎症を緩和する抗炎症効果や鎮痛効果、血液の浄化作用などが挙げられます。血液がサラサラになって血流がよくなったり、ホルモンバランスを整えてくれたり、精神面での効果では、気持ちを落ち着かせたり、高揚させたり、神経のバランスを取って健康へと導いてくれます。

マッサージオイルの吸引ルート

キャリアオイルにアロマテラピー(精油)を混ぜてからオイルマッサージをするのですが、身体への作用がどのようにして吸収されていくのかをいろいろなルートがございますので、説明させて頂きたいと思います。

鼻からのルート作用

精油の成分は、香りを嗅ぐだけで、嗅細胞から、脳の大脳辺縁系へ届いて、その後に視床下部に伝わります。視床下部とは間脳の一部で視床の下に位置しており、恒常性と深くかかわっているのですが、自律神経の中枢としても大事な部分でホルモンに大きな影響を与えておりますので、香りを嗅ぐだけで知らず知らずにリラックスしたり、リフレッシュしたりと心身バランスにとても良い作用をもたらせてくれます。

肺からのルート作用

鼻から肺へと精油の成分がいく経路では、肺胞の膜を透過し、血液に入っていきます。精油成分を吸入しても、吐く息でほとんどが出ていくため、効果としては経皮吸収(皮膚からの吸収)の10/1ほどしかございません。精油の種類では、呼吸器に良いものもあり、咳を鎮めたりする作用などに使用されたりもいたします。

皮膚からのルート作用

マッサージオイルを皮膚に塗布すると、身体の皮脂とよく混ざり、浸透して吸収されて、血液やリンパ管へと入っていきます。精油は小さな分子構造をしておりますので血液の中まで届いていきます。届いた精油成分は体内をめぐって血流に乗っていろいろな組織に効果作用を与え、最終的には肝臓で分解されて、腎臓で濾過され、尿や汗や呼気に排泄される仕組みとなっております。

精油成分ルートで様々な身体への効果や影響がありますので、皆様もたくさんある精油でアロママッサージを受けられてみて下さい。